--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.14 Mon 00:41

キーナ家-34-

867.jpeg
アラン「皿洗ってねーし、クセー」
ミリア「しょうがないよ。昨日は遅かったからね。いきなりの引越しで。」
アラン「でも父ちゃんはこっち着いてすぐ寝てたぞ?母ちゃんが一人で二皿も食ったのか?」
ミリア「じゃないの?引越し作業ほとんど一人でしてたもん。疲れたんじゃない。」
アラン「疲れて無くても食いっぱなしだけどな。」

ファランは無精者なので後片付けはほとんどしません。そして、それも気にも留めません汗あせ

さて、夜中の引越しも終わり、子供達は寝坊する事も無くきちんと学校へと向かいました。
二人ともお人形の家を欲しがっていたので早速購入。前の家にはあったけど、こっちに持って来てなかったね。


868.jpeg
クリス「おぉ!前の家に忘れたと思ってたけどあるじゃないか!ミリアかアランが持ってきてたんだな。」


869.jpeg
ファラン「あら!これ子供達のお気に入りのペンシルバニラファミリーじゃない!忘れたと思ってたけど、私ったらちゃんと持ってきてたのね。さすがだわ。」

イヤ、それとは別物ですよ。新品ですよ...。


870.jpeg
クリス「ヒャッホーイ!」


871.jpeg
クリス「家でのびのびと釣りできるなんて最高だな~。いきなりだったけどやっぱり引っ越してよかった!それっ!!」



872.jpeg
ファラン「どう?お魚いる?」
クリス「まぁまぁだね。でもこれだけのんびりと釣りができるなら、これ以上の贅沢は無いさ。」
ファラン「そう、良かったわ。」


873.jpeg
ファラン「.......ジーッ........」
クリス(?あんなとこで何してるんだ?)


874.jpeg
クリス「お、そんな暗いところで何やってんだ?」
アラン「宿題。」
クリス「せっかく勉強部屋があるんだから何もそんな狭い所で...。あ、そうだ。望遠鏡を買ったんだけど、一緒に夜空でも眺めないか?」
アラン「忙しいからいい。」
クリス「あ、あっそう...頑張ってね...」


875.jpeg
クリス(反抗期...?)


876_20090913232228.jpeg
クリス「あれ、髪切ったんだ。」
ファラン「今頃気付いたの~?お昼に美容室行くって言ったじゃない。」※シムズ3に美容室はありません。あくまで脳内設定です。
クリス「そうだっけ?」
ファラン「そうよ。ちょっと他にも用事あったからね。それよりどう?似合う?エレガント?」
クリス「ん?うん。いいんじゃない?」
ファラン「...あんたってつまんない男ねぇ」

いつまでもチヤホヤされていたい。そんな切ない乙女心。(もうおばちゃん世代だけど)


877.jpeg
ファラン&クリス(ねむい...)

さすがに夜中の引越しはキツかったようです。二人揃ってこの反応(笑)


878.jpeg
アラン「なぁなぁ、もうすぐ旅行に行けるようになるらしいぜ!」
ミリア「もうすぐって?」
アラン「さぁ?でも先生達が職員室で噂してんの聞いた!」
ミリア「ふ~ん、いつ頃なのかなぁ。お母さん連れて行ってくれるかな?」
アラン「だいじょぶじゃね?多分一番ノリノリになると思うね。」
ミリア「アハハ、そうかも~」

必ず連れてくさ!楽しみにしててくれ!
ただし、今のキーナ家の子孫を、かもだけど汗あせそれまでこの子達は生きてるのだろうか...。


879.jpeg
クリス「さてと、今日も朝から庭釣り~♪...アレ?なんか昨日と違うような」



880.jpeg
クリス(やっぱり違う...昨日はこんなの無かったはず。いつの間に工事が??)



881.jpeg
ファラン「あらアナタ。こんなところにいたの。」
クリス「ねぇ、昨日とは何か様子が違うように思うんだけど、ここは何をするところなんだい?」
ファラン「お墓よ。街へ行ったときに業者に頼んでおいたの。」
クリス「は、は、は....墓?!なんでウチに??誰の?!」



883.jpeg
ファラン「あなたの。」
クリス「なっ...!僕はまだ生きてるぞ!」
ファラン「あらやだ、そんなに動揺しないでよ~(笑)あなたのだけじゃないわ。勿論私のもここに置くのよ。だって死んでからじゃ自分の好きなようには作れないじゃない?私共同墓地はイヤなの。」



882.jpeg
ファラン「まだ完成はしてないの。もっとお花とか植えたいわ~」
クリス「......」
ファラン「まぁ、本当の完成は私達のどっちかが死んでからだけどね。肝心のお墓が無くちゃ、お墓とは呼べないわ。オホホホ...」



884.jpeg

クリス(...多額の保険を掛けらせそうになったらどうしよう...)


まだ人生の折り返し地点にも立っていないので、気が早いかもしれないですけどね。何があるかわからないし。ねぇ?事故死とか...
って冗談ですよ(笑)まだまだお墓に入ってもらう予定はありませんが、何となく自転車置き場前のスペースが気になったのでお墓予定地を作ってみました。

それにしても、やっぱり新しい家はいいね!(立てたのはだいぶ前ですが)シムを目で追うのがちょっと大変だけど、新鮮だ!住居スペースは少し狭いけど、土地は広いのでしばらくは増改築しながらここに住む予定です。

では、今回はこの辺で^^
ここまでお読み頂きありがとうございましたうふ
スポンサーサイト

comment

気が早い!

もうお墓の準備ですか(笑)でも確かにお墓って、シムが死んだ後に「どこに置こう…」とか迷っちゃいますよね。よく考えてみるといいアイデアですね♪♪お花がたくさんなんてすてきじゃないですか♪♪是非そのアイデア使わせていただきます<(_ _)>
  • 2009.09.15 Tue 20:40 |
  • mio
  • URL |
  • [edit]

mio 様

こんばんは!

やっぱり気が早いですよね~、でもほんと人生には何があるかわからないですから。突然天から降ってきた壁に四方を囲まれてしまうかもしれませんし。
え?しないですよ...多分...おそらく...
というのは冗談で、キーナ家はお気に入り家族なので最後は家族に見守られながら老衰で、というのが理想ですかね。
2では自シムの配偶者にお亡くなりになってもらいましたが(笑)
mio様も是非お花いっぱいな墓地を作ってあげてください♪

では、コメントありがとうございました^^
  • 2009.09.16 Wed 21:27 |
  • mio004
  • URL |
  • [edit]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

Profile

mio004

Author:mio004
ファランはあなたの事をオーケーと思っています

New

Comment

Link

Counter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。